協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  一般公開  >  第62回関東大学空手道選手権大会

admin2 さんの日記

2019
11月 6
(水)
15:17
第62回関東大学空手道選手権大会
カテゴリー  一般公開
タグ 
本文
 令和元年10月27日(日)、東洋大学総合スポーツセンター
にて第62回関東大学空手道選手権大会が開催されました。この
大会は10月12日に東京武道館にて開催予定でしたが、台風1
9号の影響により延期され、無観客試合として行われました。
 この度の台風19号により被災された方々に心よりお見舞いを
申し上げますとともに早期の復旧をお祈り申し上げます。

 形競技は男子11校、女子は8校が参加。数年前から比べると
参加数が減ってしまい非常に残念である。勝敗を決める選手権大
会ではあるが、参加することに意義があるという視点もあるので、
外連味のない形を勝敗抜きで演武をする大学があっても良いので
はないだろうか。

 競技の方は、帝京大学が男女ともに優勝を果たした。男子形で
は3位決定戦で敗退したものの国際武道大学が素晴らしい演武を
見せてくれた。一方の女子は駒澤大学と慶應義塾大学が3位とな
り、残念ながら形分解の披露とはならなかった。

 男子1部は32校がエントリーし、帝京大学が頂点に立った。
男子1部では拓殖大学が第3位となり、名門校が復活ののろしを
あげている。ベスト8は帝京大学、国士館大学、駒沢大学、拓殖
大学、慶應義塾大学、日本体育大学、早稲田大学、法政大学で東
京六大学の活躍が著しい。また明治大学、防衛大学、神奈川大学、
大正大学、明海大学、日本大学、国際武道大学、東洋大学がベス
ト16に入っており群雄割拠の様相を呈している。今後の各大学
の戦略が楽しみである。

 女子団体組手は、こちらも帝京大学が優勝を果たした。女子団
体では明星大学、津田塾大学、関東学院大学が棄権。また2名の
体制で試合に臨んだ大学も多く、残念ながら女子部員の減少が著
しいのが実情だ。女性が安心して参加できる環境づくりが急務で
あろう。

 男子2部は戦力が拮抗しているので見応えは充分だ。1部への
昇格をかけて熱戦が繰り広げられた。空手に対する情熱は1部に
引けを取らない。今回は立正大学が決勝戦で國學院大學を下して
嬉しい初優勝となった。

 また昼休憩時間に坂井創くんによる車椅子形演武「五輪」が
披露されました。素晴らしい演武をありがとうございました。
 福島インターハイの際の写真も手元にあったので下記に掲載さ
せて頂きます。今後の活躍に期待しています。(の)

 尚、大会結果は下記の通り。※誤字脱字等はadmin@wkf.jpへ。
第62回関東大学空手道選手権大会結果

おまえたち、最高だぜぇ〜♪

立正大学、最高だぜぇ〜♪

万保子、最高だぜぇ〜♪

帝京大学、最高だぜぇ〜♪

壮一朗、最高だぜぇ〜♪

五輪、最高だぜぇ〜♪

坂井はじめ、最高だぜぇ〜♪

日本大学、最高だぜぇ〜♪

越川滉平、最高だぜぇ〜♪

東洋大学、最高だぜぇ〜♪

明治学院、最高だぜぇ〜♪

山梨学院、最高だぜぇ〜♪

駒澤大学、最高だぜぇ〜♪


閲覧(206)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp