協賛広告
  

  
TOP  >  活動報告  >  admin2  >  一般公開  >  第25回神奈川県少年少女空手道選手権大会(中学生の部・障がい者形演武会)

admin2 さんの日記

2019
11月 12
(火)
15:47
第25回神奈川県少年少女空手道選手権大会(中学生の部・障がい者形演武会)
カテゴリー  一般公開
タグ 
本文
 第25回神奈川県少年少女空手道選手権大会(中学生の部・
障がい者形演武会)は令和元年11月10日(日)、綾瀬市民
スポーツセンターにて開催され、神奈川県内より71団体、2
34名の中学生が参加し、競技が行われました。この大会は令
和2年3月28日(土)〜30日(月)に埼玉県立武道館で開
催予定の彩の国杯第14回全国中学生空手道選抜大会の予選会
を兼ねており、中学1・2年生の上位3名が出場権を獲得する。

 大会プログラムを眺めて感じたのは参加者が数年前と比較し
てかなり減少している点だ。中学1年男子形は44名、中学1
年女子形は34名、中学2年男子形は25名、中学2年女子形
は20名、中学3年男子は20名、中学3年女子形は11名、
中学1年男子組手は53名、中学1年女子組手は31名、中学
2年男子組手は47名、中学2年女子組手は20名、中学3年
男子組手は28名、中学3年女子組手は12名という具合だ。

 試合は凛とした空気の中、形競技から始まった。パッと見た
感じで殆どの選手は試合慣れした様子で、へなへなの初心者用
の空手衣で参加している選手は見当たらない。競技力は非常に
高く、全ての選手が全国大会に出場できそうな雰囲気だ。
 演武される形も多種となり、判定する側もさぞかし大変であ
ることが予想される。誰もが一生懸命にやっているのだが全員
が満足し納得のいく結果を得られないところが空手競技の難し
いところであるが、逆にそこが妙味とも言える。

 午後は組手競技。実は10月13日に秩父宮記念体育館(藤
沢市)で開催予定だった第22回関東中学生空手道選手権大会
が台風の影響で中止となり、県内の中学生にとっては、これが
今年最後の公式戦となった。中学3年生は受験を控えている子
も多いと思う。多忙な中で大会に参加してくれた中3生に心か
ら感謝を伝えたい。本当にありがとう。彼らを見ていて感じた
のは、とにかく空手または空手競技が好きであるということ。

 既に進路を決めた子も居れば、まだまだ進路で悩んでいる子
もいるようであった。高校で空手をやる子もいれば、そうでな
い子もいると思うが、いずれにしても時間のある時は道場に顔
を出して貰えたら嬉しいと思う。後輩たちもきっと喜ぶであろ
うと思う。道場の先生たちも口には出さないと思うけれど、君
たちが来てくれることを待ち望んでいると思います。

 今大会の上位入賞者は彩の国杯および信玄公杯に出場される
ことと思います。残念ながら出場が叶わなかった人たちの分も
神奈川県の代表として誇りを持って参加して来て下さい。(の)

 尚、大会結果は下記の通り。誤字脱字等はadmin@wkf.jpへ。
第25回神奈川県少年少女空手道選手権大会(中学生の部・障がい者形演武会)結果

 おまえたち、最高だぜぇ〜♪


あきなり、最高だぜぇ〜♪

いつき、最高だぜぇ〜♪

みゆう、最高だぜぇ〜♪

政一郎、最高だぜぇ〜♪

咲穂、最高だぜぇ〜♪

春姫、最高だぜぇ〜♪

ひなた、最高だぜぇ〜♪

美琴&日菜、最高だぜぇ〜♪

お前たち、最高だぜぇ〜♪

お前たち、最高だぜぇ〜♪

お前たち、最高だぜぇ〜♪

お前たち、最高だぜぇ〜♪


閲覧(316)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
お願い
情報提供、肖像権、著作権、誤字脱字、訂正変更、削除依頼など、お気軽に下記までご連絡下さい。
WEB:お問合せ  MAIL:admin@wkf.jp